忍者ブログ
CATEGORY[]
2019年03月22日19:27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[コスメ]
2012年08月14日07:47

ニキビっていうと思春期だけのもの、顔に出来る物って認識を持っている人も多いと思いますが、ストレスや生活習慣・食習慣のみだれや睡眠不足で大人になって出来る大人ニキビや首や背中に出来るニキビもあるんです。

女性の場合、そうした原因以外にも化粧や洗顔時の洗顔剤の洗い残しによるニキビも多いです。
そういった意味で普段から使うコスメには気をつけなくてはいけません。そうした観点でイロイロなコスメを試してきて、知人に紹介されたのがビーグレン。

ビーグレンってどう?って最初は思いましたがレビューなども良かったので試してみましたが、これが非常によく自分の定番コスメになっています。


最近はほんとうに、冬でも露出度の高いファッションをしている女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)が増えているようですが、背中にニキビや吹き出物があると背中を出せなくなってしまうものですよね。水着姿は当然として、彼氏の前で背中をみせるのも恥ずかしくてためらってしまうのではないかと思います。


背中ざそうができてしまう要因としては、皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の過剰分泌が挙げられますが、それだけでなく、しっかりと背中が洗えていない場合、皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)や汚れが毛穴に詰まって背中ざそうが出来てしまう可能性があるのです。例えば、体を洗ってから髪の毛を洗う方の場合、シャンプーやコンディショナーの成分が背中に残ってしまうようなケースがそうです。


こういった場合には、髪の毛をよくすすいだ後、にもう一度シッカリと体を洗うか、洗う順番を変えた方がいいでしょう。頭から洗うようにしたら、背中吹き出物が改善したという人もいるぐらいです。


また、出来てしまった背中ニキビには、特別なスキンケア(ビーグレンはオススメです)や治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が必要なのです。


尋常性瘡用の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)薬を塗布して、吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)とその周辺を清潔に保つようにします。汗をかきっぱなしにするのも、背中ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)が出来やすくします。


すでに背中吹き出物ができてしまっている場合には、悪化させる恐れがあるかもしれません。背中吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)用のスプレーをかける、こまめにシャワーを浴びるなどすることによって、ニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)対策をした方がいいでしょう。


他の所にできるニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)と同様に、背中ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)も生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)の乱れやストレスなどでできやすくなると呼ねれているんです。


皮脂の過剰分泌を防止するためにも、ストレスを溜めすぎないようにして(まあこれが簡単にできればストレスでないんでしょうが)、規則ただしい睡眠や食習慣といった生活習慣を心掛けて下さい。

PR
CATEGORY[全般]
2012年06月15日07:43

痩せたいけど食べたい!
女の子だったら誰だってそう思いますよね。

そのために偏食がいけないって言われるけど、今までバランス考えた食事なんてしてこなかったから、どうしていいや??


でもねそれは、決して無理なメニューではないんだなって最近思い始めてるんですよ。


夜に炭水化物はよくない(特にラーメン厳禁)。肉は少しでほとんど野菜。


でもチャトレをやってるとついつい間食しちゃうんですよね。

だからカロリーコントロールをシッカリとやっているつもりでも、実はいつの間にかカロリーオーバー・・・

それにあれもこれも食べちゃいけないものがあると

しかし、私にはこれはプチ断食のような気がします、やる気が半減してしまいますよね。

そう、わたしはやる気を失くし、ダイエットを辞めてしまった経験があります。

 

けっこう高いお金を出してダイエット本やらサプリとか買ったのに、規制が多くてげんなり。

すぐにまた以前の食事に、そりゃ、痩せるわけ無いですよね。

でもね夏になるチャットレディのお仕事で水着イベントとかあるんですよね。
そう、稼ぎ時なんですよ、ここでシッカリと稼ぐと楽しい夏休みが待っている。

稼げないとそのままずるずるチャトレで夏が終わっていく(>_<)


そうならないためにも、男心を刺激するスタイルになっていかねば!

CATEGORY[全般]
2012年04月26日10:52
美容整形をしようとする理由は人によって違い、その内容は様々です。


例えば子供の頃のいじめ(見た目での)などがトラウマや精神的なコンプレックスに
なっているようなケースで自分を変えたいと思って、願って美容整形を考える人も
います。


こういった精神的なストレスやコンプレックスは誰にでも起こりうることですが
その結果として本人の人生に多大な影響が出ることもあります。


こういったコンプレックスにさいなまれるケースでは額な費用がかかったとしても
外見的なコンプレックスを解消し、その結果として精神的にも良い影響を与え
自分に自信が持てるようになるのであれば、それこそが美容整形における本当の
意義だと思います。


こういったことから、コンプレックスやストレスを解消するため、自分に
自信を持ちたいという人に美容整形をおすすめします。


逆に外見的な美を手に
入れたいという理由だけの人にはあまりおすすめできません。
CATEGORY[全般]
2011年11月02日09:57

美容整形といえばとかく「顔や身体にメスをいれて概観をいじくるもの」
というイメージが強いものです。


最近では少しずつマイナスイメージも薄れてきていますが、
まだ年配者には強い抵抗があると思います。


それは美容整形が単に外見をよくしたいが為だけの行為で、内面的な
側面についての理解がされてないことに起因するからでしょう。


もちろん、美容整形の主な目的は外見(見栄え)を整え、
よりキレイになることです。


でもその結果として得られる効果や影響は単純に外見が変わるだけでなく、
その人の内面(コンプレックスや悩み)にまで及びます。


そうです世の中には見た目(外見)による悩みやコンプレックスで
人生そのものに影響がある人たちが多くいるのです。


そういったことが原因で人前に出れなくなりニートになってしまったり、
人と積極的に交流する事ができないケースもあります。


一般的に思われる以上に外見は内面に影響を与えるのです。

そんな人が美容整形を転機に長年のコンプレックスから解放され、
より自然に人と接したり、ニートから脱したり普通の明るい生活を
送れるようになったとしたらどうでしょうか。


それでも美容整形を見た目を変えるだけのもの、身体にメスをいれて
安易にいじくるだけのものだといえるでしょうか。


確かに、親から授かったものですから、安易に手術で変えていいものでは
ないでしょう。

しかしそれがコンプレックスや人に言えない苦しみの原因に
なっているのだとしたら、両親は美容整形で変わることを反対するでしょうか。


外見以上に内面があかるくなり魅力的になったとしたら、
そんな子供の姿を見て顔をしかめたりするでしょうか。


このように、美容整形は外見を変えることをことを通して
さまざまな内面的な影響をもたらしてくれるものです。


もし世間のイメージやウワサで抵抗を感じている人は
一度美容整形のカウンセリングなどを受けてみてはいかがでしょうか。


でも確かに美容整形にはお金が掛かります。
そんな時には空いてる時間で副収入が得られる在宅高額アルバイトのチャトレ情報局
最新のアルバイトをチェックしてみると良いですね。

 

CATEGORY[全般]
2011年10月25日19:15

K-POPブームで韓国のアーティストだけでなく
そのファッションなどについても感心が高まり

結果として整形美容にたいして偏見が少ないだけでなく
積極的に人生を変える手段として使っていることを知り。


整形美容・美容外科への関心が高まっています。

そう、より美しく、より輝いた生活を送りたいから。

外見に関して悩みやコンプレックスを抱えている人を
よりポジティブに積極的に、人生に喜びを見出すことが
できる施術を行うのが美容外科。

ですが実際にどのような施術が行われるのか
理解が進んでいない面もあります。


よく間違えられるのが整形外科との勘違い、混同。

美容外科の施術を受けたときに「整形した」
と言われることが多いことから混同されやすくなっています。

この二つは似ているようでいて実はまったく違うものなのです。


整形外科は骨や筋肉、関節、神経などに生じた
ケガや病気を治すために行う施術を取り扱っている
診療で骨折や腰痛、ヘルニア、骨粗しょう症など。

またケガから回復した後に後遺症などがある場合のリハビリなども
整形外科でやる事が多いです。

それに対して美容外科とは顔や体の見た目をより良くするために
さまざまな施術を行う診療科目です。

重要なポイントとしては「必ずしも必要な治療では
ない」ということ。

なので美容形成では保険が適用されないのです。

 

かつて整形美容といえばマイナスイメージが強いものでした。

せっかく親からもらった体にメスを入れるなんて何事だ!
そういった考え方が多かったからです。


しかし最近では治療技術が進歩しより手軽に施術が行われる
ようになったことや先ほど書いたK-POPブームでの韓国での
整形事情を知るにつけマイナスイメージも薄れつつあります。


見た目にコンプレックスを抱えている人にとっては
単に外見がよくなるだけでなく、心の中の闇を追い払う
役目も果たしてくれます。

美容整形をより前向きな意味で捉えることが
できる時代が来たともいえるのではないでしょうか。

| HOME |

忍者ブログ
[PR]